PHILOSOPHY

あそびゴコロが、世界を救う。

誰にとってもやさしい社会にしたい。

わたしはこれまで、映画やドラマなど、
多くのエンタテインメント作品を制作してきました。

制作者として強く感じたことは、
エンタテインメントには、
どんな人にもメッセージをわかりやすく伝えられる、
不思議なチカラがあるということです。

エンタメは、映像やアニメ、音楽ライブだけではありません。
そのチカラはまだまだ使いきれていないと感じています。

私たちが目指すのは、
人と違った行為を一斉に叩く社会ではなく、
ユーモアやあそびゴコロを許容できる、心にゆとりのある社会です。

そんな社会の実現のために、
エンタテインメントのアプローチで、
『こういうこと、やっていいんだ』という、新しい価値観を作り

一歩踏み出そうとする人々の背中を、そっと押してあげる。
そんな存在を目指してまいります。

2021年1月

社会実験ユニットsouple代表
田村勇気

souple(スープル)

フランス語で『柔軟な』
英語、ポルトガル語で『絹』を表します。

だれもが持っている、優しい気持ちにあふれた社会を作りたい。

やわらかな視点で、新しい世界観を提案。
ピースな社会の実現をめざします。

peace
humor
update

Just one idea and action can make the world peaceful.

田村勇気(たむらゆうき)

社会実験ユニットsouple代表。
企画プロデューサー。気象予報士。

一橋大学法学部卒業後、電通入社。
地上波放送局やメディアプランナーを担当後、映画、ドラマ、音楽/経済ドキュメンタリーなど多数のエンタメ制作に関わり、ヒットに導く。

電通在職時より社会起業家としても活動を始動。
2017年、特定非営利活動法人365ブンノイチを創設。エリアが抱える課題を、ワクワクする価値に変身させる視点で、新しいまちづくりや課題解決を目指す。ユニークな取り組みとして、SNSやメディアで多数紹介される。

2021年、電通を独立。社会実験ユニットsouple(スープル)を創設。
企業や行政、大学研究者、クリエイターらと共同で事業に取り組む。

カンヌ広告祭メディアライオン、読売広告大賞、日本アカデミー賞、ソーシャルビジネスグランプリ優勝、グッドデザイン賞などを受賞。